残土ふるいは機械が最適|特殊機械で工数削減

作業員

きれいな環境づくり

適切な処理を

工場

産業廃棄物には廃油や燃え殻、廃酸・アルカリだけでなく建設業の際に生じた木くず・紙くず・繊維くずなど特定の事業において生じた廃棄物も含まれます。 このような場合の産業廃棄物処理の方法はどのようなものであるのでしょうか。 産業廃棄物処理に関しては、各都道府県指定の産業廃棄物処理を専門としている産業廃棄物処理・運搬業の許可を得ている業者に依頼して処理する必要があります。 これは産業廃棄物処理法によって定められておりこれに違反してはいけません。 この産業廃棄物を処理する責任は産業廃棄物を排出した人に責任があり、この人にはこれらの廃棄物を適切な処理方法で処理する義務が産業廃棄物処理法によって義務付けられています。

問題点は

産業廃棄物に関する問題点に関しては日本においてもとても深刻なものとなっています。 これに関しては不法投棄が行われていることによって土壌汚染が生じてしまっていたり、その土壌汚染が原因となって地盤沈下が起こってしまっている点です。 不法投棄の罰則はかなり厳しいものであり、5年以下の懲役または1,000万円以下、法人であると3億円以下の罰金が科されます。 このように罰則はとても重いものであり、自分の経歴を傷つけないためにもしっかり法を守った処理を行いましょう。 また、排出者の責任の限度も曖昧である点も問題視されており、排出者が特定できないために処理業者が処理費用を負担しなければならない、もしくは負担できない故に処理できないと言った問題もあります。